支出管理

不確実性は不安を与える一方で、変化を促す機会も生み出します。 変化を機会として、旅行プログラムを最適化してコストを抑制し、ポジティブな旅行体験を提供できます。 サプライヤーのパートナーシップを確認し、データを活用して、トラベルプログラムを更新することが不可欠です。

航空会社のプログラム

COVID-19の大流行を受けて、世界的な航空会社の許容人数は、2019年のレベルと比較して80%減少しました(国際線ではほぼ90%)。 空の旅への復帰は、国内市場から始まり、国際市場へと続くのは緩やかで時間がかかるものと予想されます。 この厳しい環境の中で、航空会社は生き残るために戦っています。

多くの航空会社は営業を再開しますが、ネットワークは大幅に縮小する可能性があります。 業界内、特にヨーロッパとアジアでの統合が考えられます。 過去から学んできた通り、統合により企業が管理するプログラムの独占ルートの数を増やすことで、市場競争を減らします。

これは航空会社のプログラムにとって何を意味するのでしょうか。 また航空会社は危機をどのように乗り切るのでしょうか。 何社かは破産の危機にさらされ、この厳しい環境下で、トラベルプログラムの範囲、チケット価格、航空会社との連携にどのように影響するか考えてみましょう。

Withコロナに対応した新しい航空業界の展望に対してどのように準備しますか?

航空会社でリスクのレベルを評価することから始めます。 国境の閉鎖と安全規制による売上高の減少や ネットワークへの影響、政府のサポート等を考慮して、リスクを評価します。 リスク評価の範囲は、航空市場の競争レベルに直接影響を与える可能性があるため、企業契約のある・なしに関わらず、全ての航空会社で実施する必要があります。

主要航空会社の現在および将来の運航路線の変更について調べます。 ほとんどの航空会社は2〜3年内には完全に回復することは難しいでしょう。つまり、航空会社は運航路線を削減した状態で営業を再開しなければならないのです。 回復に時間がかかる間、一部の優先的なサプライヤーは、特定の市場での旅行ニーズを完全にカバーする能力を失っている可能性があります。 これらのサービスの変化を調べることは、トラベルプログラムを適応させ、潜在的に代替サプライヤーを探す上で最も重要です。 Advitoの航空運賃予測 のようなツールを使用すれば、営業運航しているフライトの検索、座席数の変化、および将来の価格設定ポイントを毎日監視できます。

出張が増加し始めたら、プログラムが徐々に再構築されるので、最適なかつ競争力のある価格を確保するために、業界の展望に合わせる必要があります。 これには、変動の激しい、または競争力のない価格設定から上位の渡航先を保護するために、サプライヤーとの継続的な交渉が必要になります。

節約だけでなく、ビジネスの連携を促進することで相互の成功に貢献できる方法を航空会社に尋ねることができます。 必要に応じて、払い戻しやキャンセル料などに関する交渉ポイントを追加し、燃油サーチャージやその他の付帯費用を収受しないよう提案します。出張者が飛行機の利用の不安がらないよう安全衛生対策の徹底を依頼しましょう。最も重要なことは、将来に向けた航空RFPプロセスを使用しないことです。 COVID-19以降の世界でのトラベルプログラムの成功の鍵となる要素は、敏捷性です。

ホテルプログラム

ホテル業界は、COVID-19の影響により変化し続けます。 コスト削減は依然として重要ですが、清潔さと安全性への配慮が優先されます。 ホテルチェーンは、さまざまな清掃・除菌対策、感染防止策、およびパートナーシップで対応しています。

全員が同じ質問をもっていると思います:現在のホテルプログラム管理にとって、OVID-19の感染問題をどう考えるべきでしょうか。 今、レートを無期限に延長することを検討すべきでしょうか?

私たちはホテルチェーンの営業チーム、クライアントベース、および部内で話し合い、これらすべての質問についての意見を交わしました。 また、意見を求めている業界向けに戦略を策定するにあたり、これらの見解、深いコンサルティングの専門知識、および市場動向について収集し続けているデータを考慮しました。

ホテルプログラムの新しい未来のための私たちの戦略

早くも1月と2月に、アジア太平洋地域で急激な減少が見られました。一部の市場では、前年比で最大50%減少しました。 そして4月には世界の他の国々でも同様の状況に陥りました。 米国での集団発生の発生地であるニューヨークでは、2020年4月の率は2019年4月と比較して40〜45%減少しました。 これらの減少率から、今までのレートはもはや意味をなさないでしょう。

私たちは、現在の場所からCOVID-19以降の旅行の時代へと導く戦略を構築しました。 私たちが説明した方法は唯一の方法ではありませんが、私たちはそれが最良のものであると信じています。これは、プロキュアメントの方から出張者まで皆が納得できるスマートな購入決定を推進するプロセスを作成する方法、およびケアの義務をカバーしています。 この方法はホテル側にとっては時間・リソースの提供を限定的にしていますが、企業がホテルプログラムの管理に積極的な役割を果たすことも可能にしています。

さっそく、ツールを準備しましょう。 OBTを更新し、レート目標を追加します。 健康と安全、そして注意義務について戦略をねりましょう。 タイムラインを作成するときは、ホテルのRFPをいつリリースするかを決定します。 RFPプロセスを従来のアプローチと考えないでください。 リクエストに動的に対応してください。 ソーシングだけではなく、継続的にホテルのカテゴリ管理に積極的に取り組んでください。

出張者は、以下のホテル対策を最も重要だと評価しています:

清掃の強化

オンラインチェックインと非接触ルームキー

ゲストと従業員のためのフェイスマスク

出典: 2020年5月、1,260人のビジネス旅行者を対象としたBCD Travel Research&Innovationのオンライン調査

地上輸送プログラム

レンタカーやタクシー、バスなど、出張者は旅の途中で地上交通を利用します。 ほとんどの地上交通業社は、COVID-19による政府からの財政的支援を受けられていません。 この業界の特徴として、高い固定費と設備投資があります。そして、車が稼働しないことには収入に結び付きません。そのため、地上輸送戦略を再検討する必要があります。現状、需要が極端に落ち込んでいるため、供給過多に陥っています。これらの企業は、固定費をカバーする必要があることから、企業契約の再検討を行っています。

出張者は今まで普通に使用していた移動手段を検討し始めています。バスやなどの公共交通機関を利用する代わりに、レンタカーや自家用車を選択したいと考えているかもしれません。 今まで、飛行機を利用していたルートでも、今後は長時間車を運転して移動するのが新しい未来になるのかもしれません。

地上交通利用を検討するときは、大幅な増加を予測し、サプライヤーと交渉する必要があります。 使用量が増えれば、料金交渉も可能になるかもしれません。しかし、逆に、安全や健康への注意義務、ウェルネスの観点ではそうではありません。 地上輸送を含むすべてのサプライヤーについては、徹底的に調査・検討する必要があります。 サプライヤーの安全対策を確認し、あらゆる旅行でそれらを検証するプロセスを開発する必要があります。

この分析では、各リスク要因を確認する必要があります。 例えば、サプライヤーの財政状況や運転手の感染確認テストの頻度等、そしてなによりも、出張者が一番に求めているものは何なのかを考える必要があります。

鉄道

鉄道旅行は、過去20年間でヨーロッパとアジアで大きなシェアを獲得しています。 これは、出張者が3時間未満であれば、飛行機より鉄道を好むこと、高速鉄道サービス(HSR)の開発、およびCO2削減をめざす企業の取り組みによって推進されてきました。 鉄道施設は増加傾向にあります。 モロッコ、サウジアラビア、トルコなど、ますます多くの国がHSRのインフラ整備に投資しています。 世界最大の鉄道網のある中国では、毎年数千キロの鉄道ネットワークが新たに構築されています。 出張者を魅了する多くの新しい利点とともに、鉄道の市場シェアが増加すると予想されています:

  • 利用体験 出張者は、ソーシャルディスタンスを取りやすいこと、歩きやすいこと、窓からの新鮮な空気、混雑の少ない静かな客室など、多くのメリットを感じています。 さまざまな調査で、出張者の鉄道での長旅に対する許容度が最大5時間に増加することが予測されています。
  • 魅力的な運賃と便利さ 特に政府が鉄道サービスを推進し続けている場合は、飛行機よりも安価であることが多いため、鉄道の競争力はさらに高まるでしょう。 また、今後も航空会社がソーシャルディスタンス確保のため、利用席数に制限を設ける場合、単価の上昇が考えられるため、鉄道の価格における利点がさらに高くなる可能性があります。 さらに、出張者は市内中心部から市内中心部へ簡単にアクセスできることも理解しています。
  • 持続可能性 鉄道は一般的に「最も環境に優しい」移動手段と考えられています。

パンデミック後の影響

ウェビナー:キャッシュフローを高める方法

出張の再開を待っていますか? このセミナーでは、当社の専門家が、会社の最大の支出カテゴリの1つであるビジネストラベルについて、キャッシュフローの課題に対応する方法を説明します(Travel and Expense) 専門家から、以下の方法を学びます:

  • 航空会社の払い戻しオプションを通じて流動性を高める
  • キャッシュフローを増やすために税収を最適化する
  • 支払い方法の変化に応じて支払い戦略を再考する

あなたにできること

支出管理チェックリスト

BCD Travelが行っていること

出張の変更に対応するために、ホテル予約に柔軟な料金を提供する

トラベルマネージャーと協力してサプライヤープログラムを見直し、有意義な変更を加える

返金請求や払い戻し等のサービスでキャッシュフローを増加

明確で実用的な見通しの情報

サプライヤーの健康と安全に関するポリシーと要件の伝達

健康と安全対策は、旅行中の旅行者にとって最優先事項です。 これらをソーシング戦略に組み込むことが、信頼を構築するための鍵となります

—Jorge Cruz

Executive Vice President, Global Sales and Marketing, BCD Travel

トラベルポリシー

出張が再開した時に出張者に準備させる方法

image

Connectにログインすると、BCD Travelの専門家とのチャット、サポートリソースへのアクセス、業界のニュースの把握が常時可能になります。